公費負担医療の請求書の記載の方法について|沖縄県国保連合会



沖縄県国保連合会トップ > 請求時の注意点等 > 公費負担医療の請求書の記載の方法について

公費負担医療の請求書の記載の方法について

公費負担者医療(公費併用レセプト)の請求書記載で注意点は以下のとおりとなります。

注意点

● 請求書の余白部分に併用する公費の法制を記載する。
● 表の左側にある保険種別の該当する番号( 08 ・ 67 ・ 27 )を○で囲む。
● 同じ公費負担が国保、退職又は老人で発生する場合はそれぞれで集計する。
● 同一の公費負担は本人、家族、三歳未満または前期高齢者にかかわらず合算して集計する。

記載例

上記の注意に従い、請求書を記載した場合は下記のとおりとなります。

明細書


請求書(請求様式その3をイメージ)



医療機関の皆様へ
介護・福祉事業所の皆様へ
介護に関する情報
国保連合会の紹介
国保連合会とは
組織
事業
連合会周辺地図及び連絡先
関連者へのリンク
リンク
セキュリティポリシー
情報セキュリティポリシー
個人情報保護方針
特定個人情報等基本方針
ページの先頭へ